お風呂修理の種類や料金相場を紹介しています。

この記事では、お風呂修理が必要なトラブルの種類から料金の相場まで幅広く紹介していきます。
一読しておけば、お風呂が故障したときに慌てずに対処できるようになるでしょう。
お風呂は日常生活に欠かせない身近なものですが、修理についてはよく知らない人が少なくありません。
正確な知識の有無によって、解決までにかかる時間や出費に大きな差が生じます。
この機会にしっかり学んでおくと、安心してお風呂を利用しやすくなるでしょう。

お風呂修理が必要になったときの対処法は?よくあるお風呂トラブルや修理費用の相場を解説

お風呂修理が必要になったときの対処法は?よくあるお風呂トラブルや修理費用の相場を解説 お風呂修理を依頼するなら、どれくらいの料金を請求されるのか事前にチェックすることが大切です。
なぜなら、トラブルの内容によって金額に違いがあるからです。
また、トラブルの内容が同じでも、依頼先によって金額が異なるので注意しなければなりません。
そこでポイントになるのは、お風呂修理の相場をリサーチしておくことです。
提示された金額が相場からかけ離れている場合は、悪徳業者である可能性もあるでしょう。
そうでなくても、あまり注文を受けないので、一件あたりの料金を高く設定しているのかもしれません。
つまり、相場に照らし合わせて依頼先を選定することは、自分を守ることにもつながるのです。
トラブルの内容に見合った金額で引き受けてくれるところを探しましょう。

お風呂修理の初期対処法とその後に推奨できる行動

お風呂修理の初期対処法とその後に推奨できる行動 お風呂修理を必要としている場合、何らかの不具合が出ていることになり、代表的な事例は蛇口からの水漏れがあります。
お風呂という環境故に少しの水漏れでは住宅に被害を与えることはありませんが、水道を無駄に費やしてしまうのでお風呂修理は必須と考えられます。
初期の対処方法は蛇口のどの部分から水漏れが起きているのかを確認し、止水栓を閉める方法で一時的に水漏れをストップさせます。
次にウォーターポンププライヤーや同等の工具をお持ちの方は、蛇口を分解して該当する箇所のパッキンを外します。
そのパッキンを持ってお近くのホームセンターに行くと、同一規格のパッキンは販売されているので購入し、元通りに組み立てる方法で問題は解消できます。
自力では無理な方は、同じように漏れている箇所を把握した上で、水のトラブルを専門に修理する会社に仕事依頼をすることで当日に修理は済ませられる範囲です。
一方でユニットバスの場合、経年劣化でひび割れから穴が開いてしまう現象も起きています。
この対処法は耐水性に優れたエポキシパテを購入し、穴を塞ぐ方法で解決することはできますが、お風呂を全体的にリフレッシュさせるお風呂修理を希望される方は、ユニットバスに対応する特殊塗料を扱える修理会社に任せることはベストです。
修復後に塗装作業を行ってもらうことにより、新品同様のお風呂へと修理することは可能です。

お風呂修理業者で出来る範囲は会社により違いがあります

水漏れやつまりの問題、老朽化の問題によって自宅のお風呂修理を必要と感じた場合、自力では不可能と判断できれば専門業者に依頼をすることで不都合や不具合を解消することができます。
蛇口からの水漏れであればパッキン交換や本体の交換だけで簡単に直せる範囲なので、どのような会社でも対応をしており、つまりの現象も同様に殆どの会社で簡単に修理ができる範囲です。一方でお風呂修理を希望する方の中には、ユニットバスの数か所にヒビがあったり欠損している部分が出てしまうこともあり、この修理方法はFRPに対応するパテを用いて修理する方法があります。FRPの欠損箇所に対しての作業では全ての業者が対応している内容ではないので、依頼する際に確認をすることで対応する会社は探せます。更に湯船の縁や湯船の底、洗い場の床面などにパテで修復をした際には、通常では硬化後に研磨をする作業で完了となりますが、完全修理を希望する方は色の塗り替えも検討する方も多いのではないでしょうか。この修理法はエアブラシと専用の特殊塗料を用いる修理会社があるので、パテの部分との色の違いを消したい方は、特殊塗装に対応する会社探しが必要です。

お風呂修理を頼むとき確認しておきたいポイント

毎日利用するお風呂は壊れてしまうと、場所などによってはとても厄介です。修理を依頼するときに知っておきたいポイントを紹介します。お風呂の詰まりは状態次第で、異なりますが8000円~が相場となっています。
場合によってはかなり高額になることもあります。シャワーや蛇口からの水漏れもパッキンが緩んでいるといった劣化の場合が多く、費用は3000円~となっており、蛇口全体の交換では、もっとも多い価格帯は1万円~1万5000円となっています。これは、蛇口のグレードにより異なります。浴槽の場合は、塗装で対応できない場合、浴槽ごと取り替えになるので、どういった状況であるのかの確認が必要になります。お風呂修理は、費用が高いからといって自分で修理するのはやめておきましょう。悪化してしまったり水漏れの原因になりかねません。お風呂修理はきちんと専門の業者さんに依頼し、見積もりを出してもらうなどして比較検討して、行うことが大切です。

自分で行えるDIYでお風呂修理に挑戦してみよう

普段使用しているお風呂ですが、長年使い続けているとどうしても不具合や破損が起こる可能性が高くなります。特にFRP製など長く使われた浴槽は経年劣化を起こしてひび割れを起こしやすくなるので、通常は専門業者に依頼をしてお風呂修理をしてもらうか、買い替えを行う場合は少なくありません。しかしひび割れが現時点で小規模であり、浴槽を取り替えるのが難しい場合にはDIYで対処する方法もあります。
DIYでお風呂修理を行う際に欠かせないのが専用のバスタブ用塗料に、ハケとサンドペーパー、養生テープにマスク、ローラーを用意します。塗料を塗らない場所をしっかり養生テープで保護し、表面をヤスリがけしたら一度目の下塗り材を塗り、パテでひび割れが起こっている場所を補修します。その上から下塗り材を塗って一度乾燥させます。次の日に下塗り材が乾いたことを確認したら、ヤスリがけをして上塗材を塗れば完了です。
使用する道具によって仕上がりがぐっと異なるので、塗料を浴槽に塗る時に使うローラーなどは品質の高いものを選ぶことがポイントです。

お風呂修理にかかる時間と安心して依頼できる業者

お風呂修理にかかる時間を考えたときに、安心して依頼することができる業者を見つけたほうが、スムーズに作業が完了することが多いです。
水道の水漏れなど、パッキン交換などの簡単な作業なら自分達でも行うことが可能ですが、原因が分からないときに、調べるだけでも時間がかかります。初めから、お風呂修理が必要なときに専門業者に依頼できるように考えていくことは大切です。専門業者に依頼することによって、お風呂修理のために状態をチェックして作業を進めてもらうことができるため、安心して作業完了を待てます。早めに修理が完了することによって、その日のうちにお風呂に入ることができるようになります。料金でトラブルが起こることのないようにするため、事前に見積もりを出してもらい、料金を確認できるようにすることをおすすめします。料金の確認を行った結果、安心して依頼できる業者であると判断し、依頼することで安心して結果を待つことができます。

お風呂修理にはどんな道具が必要なのかを知る

お風呂は毎日快適に使えることが理想ですが、つまりや水漏れなどのトラブルが発生することもあります。
お風呂修理は業者に依頼することも多くなっていますが、軽度なものであれば自分で対応できる場合もあります。お風呂修理を自分でする場合は、どのような道具が必要なのかを知っておきましょう。まず、軽度のつまりであれば、トイレつまりの際によく使用されるラバーカップで対応できる可能性があります。スーパーやホームセンターでも気軽に購入することができます。そして、髪の毛などのつまりなら、パイプクリーナーも役に立ちます。水漏れなどの修理にはモンキーレンチやプラスドライバー、カランプライヤーなどが使われます。さらに隙間を埋めるための補修テープなども用意しておきたいところです。この他では、金具をしっかりと締め付けるための道具もあると便利です。
お風呂修理に役立つ商品は、市販でも販売されていますので、まずは修理に必要なものがそろっているかどうかを確認してみましょう。

お風呂修理で高額にならないリフォームをする施工内容

古くなったユニットバスは経年劣化により、混合栓から水漏れが頻発したり、壁面や床面、浴槽には欠損部分があったり落とせない汚れが気になる事例も少なくはありません。
お風呂修理を担当する専門会社は多数ありますが、老朽化に伴いお風呂修理だけではなくリフォームも検討している方の場合では、新しいユニットバスに交換する方法はありますが、低料金で綺麗な状態に施す方法も選べます。
例えば浴室用のパネルシートが販売されており、既存の壁面に対して貼り付けるだけで意匠性のあるデザインにしたり、単色でも好みの色を指定することも可能です。
洗い場の床面にも専用のシート素材があり、滑り止め加工と撥水性を高めている資材があるので新品同様に仕上げられます。
浴槽部分においては特殊な塗料を塗る方法があり、スプレーガンで一気に塗装作業を行えるので時間も掛かりません。
混合栓については新品へと交換する方法にメリットがあり、今までは2ハンドル式をお使いの方は、サーモスタット式に交換すると快適性も得られます。

お風呂修理にかかる料金をできるだけ抑えるにはどうしたらいい?

水回り、とくにお風呂というのは家族が毎日使用するので、老朽化も他より早い傾向にあります。古くなったまま使用していると思わぬトラブルを引き起こしかねないため、「何かおかしいな」と感じたらすぐに対処したいものです。
けれどお風呂修理となるとそれなりにお金がかかってしまいます。塗装などの補修ならば最大で20万円程度ですが、浴槽を交換するとなるとグレードにもよりますが最大で100万円かかるケースもあり、なかなか簡単ではありません。
料金を抑えるにはどうしたら良いのでしょうか。 方法としては、お風呂修理を依頼する業者選びの際に料金も希望要望としてきちんと意識することが挙げられます。だいたいいくら位かけられるのかを把握した上で業者に連絡をし、見積もりを出してもらう前に希望額を明確に伝えましょう。それによって業者側も努力をしてくれる可能性があるからです。
また、内容や理由によっては自治体などから補助金が出る可能性もありますから、そちらの方面もチェックしておくと良いでしょう。

お風呂修理を行っている専門業者は全国に沢山ある

日本人の多くが毎日お風呂に入っていてそこで1日の疲れを癒しているのでなくてはならない存在だと考えている人が沢山いますが、故障をしてしまったら癒しの空間がなくなってしまうので一刻も早く修理をしてもらう必要があります。
お風呂修理を行っている専門業者は全国に沢山ありインターネット上にホームページを開設しているところも多いので、それを見て修理の依頼をすることができます。
24時間365日何時でも受付を行っているところもあるので調子が悪いと思ったら気軽に連絡することができますし、早く来てくれて見てもらえるのでとても助かります。
水漏れやつまり、水回りの修理など何でも対応してもらえるので安心して任せることができますし、料金設定も予め決まっているのでそれを確認して依頼するかどうか決めることができます。
このように今ではお風呂修理を行っている専門業者は沢山あるので、色々と情報を集めた上で良さそうなところに連絡をして修理をしてもらうのが良いです。

お風呂修理における業者とのトラブル事例とそれを防ぐ方法

毎日使う場所だからこそ老朽化も早いお風呂は、「なんだか様子がおかしいな」と感じたらすぐに修理をお願いすべきです。
使えなくなると困る場所であるということももちろん理由のひとつですが、水回りのトラブルは被害が大きくなってしまいがちなのが最も大きな理由として挙げられます。
しかし、焦って適当な業者に修理を依頼してはいけません。なぜなら、お風呂修理にはトラブルもつきものだからです。
とくに多く挙げられるトラブル事例として、初めの見積より多くの金額を請求されてしまったというものがあります。きちんとした業者ならばこのようなことは起きませんが、お金儲けが目当てのところに当たってしまうと必要のない工事までされてしまったり、勝手に高い部品を使われるなどして、最終的に見積もりよりだいぶ高い金額が請求書に記載されているのです。
お風呂修理を依頼する業者選びの際には、きちんとした料金設定がされているか道家や評判等もチェックした上で、一つの場所に決めましょう。

お風呂修理にはどれくらいの日数がかかるのか

お風呂修理はその修理内容によってかかる時間に違いがあります。例えばユニットバスから新しいユニットバスにする場合には4日から5日ほどかかります。ユニットバス同士のリフォームはタイル式に比べると短期間で行えるとされます。
天井から壁や床を含めたリフォームを行う場合には期間が長めにかかります。タイル式からユニットバスにする場合には5日から7日を要します。
長いときには10日ほどかかることもあるので気を付けておきましょう。タイル式を変えるときにはお風呂の床や壁を取り壊し、さらにはコンクリートの基礎工事を行う必要があります。
それゆえに日数が長くなる傾向があります。お風呂修理は業者によって日数に違いがあり、基本的には期間が短い方がコストも安く抑えることが出来ます。
お風呂修理を依頼する際には、どれくらいの期間が必要になるのかを確認しておくことをお勧めします。1日あたりの作業時間が長いと、最終的なトータルの工事時間は短くなります。

水回りのトラブルで特に多いお風呂修理の依頼

水回りは使用頻度が高いこともありますし、水気や湿気を含みやすいので故障も発生しがちです。キッチンやトイレなどの水漏れやつまりで悩んだ経験を持つ人も多いのではないでしょうか。
特に水回りの修理でも、お風呂修理依頼は多いといわれています。お風呂は使えなくなると、かなり不便なので早めに対処することが大切です。
お風呂修理では、シャワーや蛇口からの水漏れは特に多いといわれています。この場合はパッキンの劣化などが原因であることも多く、簡単な部品の交換で済むことも少なくありません。知識があれば自分でも修理できる場合もありますし、プロに依頼する場合でも比較的安く済みます。
このほかでは、排水溝のつまりなどもあげられますが、修理を依頼する前にまずはパイプクリーナーなどで掃除をしてみましょう。石鹸カスや髪の毛などが詰まっている可能性もあります。
簡単な修理で済むケースもありますが、ときにはバスタブや給湯器などの設備交換が必要な修理になることも考えられます。本格的な修理をするときは、事前に見積もりをし金額や工期も確認しておきましょう。

自宅のお風呂修理でガス窯の場合で考えたい選択肢の事例

自宅のお風呂修理が必要とされることがありますが、その中にはガス窯が故障したことで修理をする場面もあります。
古い住宅に多いのですが、このタイプのお風呂は狭いスペースに湯船があり、ガス窯が横にあるというお風呂が一般的です。
お風呂修理で勿論修理にて直すこと自体は何ら問題なく行えますが、この機会を利用してリフォームを検討する選択肢もあります。
坪数による違いはありますが、少なくても0.75坪に近い場合では、ユニットバスへとリフォームすることができ、専門会社の中には更に狭いスペースでも工事を可能としている会社も探せるので、以前よりも快適性を伴うお風呂修理を行えると同時に、以前よりもお手入れしやすく断熱性も得られる効果も発揮できます。
肝心な給湯器は、浴室の外側や屋外側に給湯器を設置する方法になり、この時にはガスだけではなく電気式を選択するなど、採用するエネルギーの選択肢も自由になることもメリットになるのではないでしょうか。

お風呂修理をする時乾燥機能をつけておくこと

まず第一に、お風呂修理をする機会は、お風呂の設備を改善する絶好のチャンスです。洗濯物をかんそうさせる機能を追加することで、お風呂の利便性が一層向上します。洗濯物を部屋干しする必要がなくなるため、室内干しによる湿気やカビの心配も軽減されるのです。
第二に洗濯物を乾燥する機能は、省スペースで便利に利用できます。特に都市部などで住宅の広さに制約がある場合、洗濯物を室内干しするスペースを確保するのは難しいことがあります。
ですがお風呂修理によって洗濯物を乾かす機能を追加することで、限られたスペースを有効活用できるのです。
第三に洗濯物を乾かす機能は、エネルギーや時間の節約にも繋がります。洗濯物を外に干す場合、天候季節によって乾くまでの時間が変動します。
しかしお風呂修理で機能を備えることで、屋内で一定の条件下で洗濯物をよくすることができます。これによりエネルギー消費を抑えるとともに、素早くかわかすことが可能となります。
総じて、お風呂修理をする際に洗濯物をかわかす機能をつけておくのは、便利で経済的な選択です。

お風呂修理を行う前に相見積もりをしておこう

今の時期は非常に暑いので、シャワーのみでお風呂の時間を済ませてしまう方がとても多くいるでしょう。しかし、夏は汗を大量に掻く機会が多いですし、放置しておくと全身に痒みが発生して湿疹や汗疹に悩まされてしまうことがあるため、空いた時間を活用してゆっくりと湯船に浸かることが大切になってきます。
ただし、そのお風呂が故障している状態だと快適に使用することができなくなってしまうので、少しでも不具合が発生している場合には早めに業者に連絡して修理してもらってくだささい。
また、お風呂修理を行う前に相見積もりもしておくことが大切です。意外と予定していた額よりも高い金額を請求されてしまうことがあるので、予めお風呂修理にかかる大まかな予算を把握しておくためにも、相見積もりの依頼をしてどれくらい必要になるのか確認しておくことが重要だからです。
大体の業者では見積もりを無料で受け付けているので、まずは資料請求から始めていると良いかもしれません。

マンションの場合お風呂修理で許可が必要になるか検証

マンションの場合、お風呂修理で許しが必要になるか検証すると、一般的には建物の管理組合や管理会社などによって、修理の内容でわ許可の有無が決まるのです。
マンションでは共用部分と私有部分があります。お風呂は多くの場合、私有部分に含まれるため、修理が私有部分に限定される場合は、許しを得る必要がない場合があるのです。
ただし、修理内容によっては、建物の構造や配管に関わる場合があるため、管理組合や管理会社に一報することが求められることもあります。
第二にお風呂の修理内容では、法的な規制や建築基準法に抵触する可能性があることがあります。特に、大規模な改修や構造に関わる修理は、許可を得る必要がある場合があるのです。このような場合は、専門家の意見を仰ぎながら、正確な情報を得ることが重要です。
第三にマンションの場合は、隣近所への影響も考慮しなければなりません。修理作業による騒音や振動、通行の妨げなどがある場合、近隣住民に事前に通知する必要があることがあります。その際、管理組合や管理会社の協力が必要となるのです。
総じてマンションのお風呂修理で許しが必要になるかどうかは、修理内容や法的な規制、隣近所への影響などによって異なります。修理の規模や内容を把握し、必要に応じて管理組合や管理会社に相談することで、スムーズな修理が進められるでしょう。

お風呂修理のおすすめサイトはこちら

お風呂修理 大津市
岐阜県の水漏れ修理おすすめ業者比較

新着情報

◎2023/9/29

情報を更新しました。
>水回りのトラブルで特に多いお風呂修理の依頼
>自宅のお風呂修理でガス窯の場合で考えたい選択肢の事例
>お風呂修理をする時乾燥機能をつけておくこと
>お風呂修理を行う前に相見積もりをしておこう
>マンションの場合お風呂修理で許可が必要になるか検証

◎2022/12/26

情報を更新しました。
>お風呂修理で高額にならないリフォームをする施工内容
>お風呂修理にかかる料金をできるだけ抑えるにはどうしたらいい?
>お風呂修理を行っている専門業者は全国に沢山ある
>お風呂修理における業者とのトラブル事例とそれを防ぐ方法
>お風呂修理にはどれくらいの日数がかかるのか

◎2022/1/17

情報を追加しました。


>お風呂修理業者で出来る範囲は会社により違いがあります
>お風呂修理を頼むとき確認しておきたいポイント
>自分で行えるDIYでお風呂修理に挑戦してみよう
>お風呂修理にかかる時間と安心して依頼できる業者
>お風呂修理にはどんな道具が必要なのかを知る

◎2021/10/29

サイトを公開しました